❀❀健康寿命を延ばそう❀❀

~退職後の人生をどう過ごそうかと考えているあなたへ~

平均寿命から計算すると、65歳で定年退職後の人生が男性なら15年、女性なら21年あると思っておられる方も多いのではないでしょうか。
しかし、日常生活が制限なくできる平均健康寿命が残されているのは、男性は6年、女性は9年しかないのです。
ではいかにして健康寿命を延ばすか・・・・・
加齢制御医学を専門とする白澤卓二・順天堂大学大学院教授の提案する10の生活習慣への提言は、


食事と気持ちの持ち方は自分の心がけ次第で改善に取り組めそうですが、定年後一番の課題は運動です。
毎日ジョギングしたとしても、その時間はせいぜい1時間でしょう。登山も毎日は難しい。一番良いのは体を動かす仕事をすることです。

~それには農業がぴったり~
種を蒔く、水をやる、剪定をする、誘引をする、雑草を取る、収穫する、袋詰めをする、体を動かすことがいっぱいです。
小さな種が双葉をだし、成長していき、実をつける姿を見ることは、喜びを感じます。
実った野菜が食卓に並べば、豊かさを感じます。食べるものがいっぱいあることは、素朴な喜びです。
本来人間は、体を動かすことで食料を得てきました。それがいつの日かお金で食料を買い、お金を得るために働かなければならなくなりました。
原点に返って体を動かし得られた食料は、幸せは本来こんなものではなかったかと感じさせられます。
お金と違って、食料は長時間貯めておくことができません。売り物にならないB級品は、漁師さんにおすそ分け。
漁師さんからは傷物の魚や、1箱にまとまらなかった魚がお返しに返ってきます。

田舎暮らしにあこがれる人は多いけれど、一歩踏み出す人はまれです。
家を探すこと、畑を借りること、はたしてその土地の住民とうまくやっていけるか、ハードルは高いです。

~悠遊ファームではそのハードルを全部取り外してしまいました!~
住む家と、農作業と、仲間を用意しました。
勇知地区はとても仲の良い集落で、新しい仲間にもとても親切です。
考えていても始まりません。ここに来てみて感じることです!まずは一週間、悠遊ファームに滞在してみませんか?
さあ、一歩を踏み出しましょう☆